お電話でのお問い合わせはこちら

妊娠・出産予定の方が保険見直しする時のポイント

 子どもが生まれるということは、生まれる前とは異なるリスクについて認識し、備えをすることが必要です。いざ妊娠や出産のタイミングがくると、入院や子育てなどで保険を見直す時間を取ることが出来ないこともあるため、事前に保険について見直しておくことが求められます。 つい父親だけが加入しがちな生命保険、軽視しがちな医療保険やがん保険は、母親になる今こそ必要な保険といえます。母親に何かがあっても安心して子育てをできるようにするためには、どう対策をしておけば良いのでしょうか。

母親にも必要な死亡保障を

 母親になるのであれば、自分に何かあった時のために死亡保障を準備しておくことが大切です。母親に万が一のことがあり、子育てを父親一人でするということになると、仕事中心の生活を行うことは難しく、子供を養うに十分な収入を期待できなくなってしまうこともあるためです。 一家の大黒柱である父親のみが生命保険に加入しているといった家庭は珍しくありません。しかし先述した通り、母親が亡くなった場合も間接的に家計に大きな影響を与えます。 わが子のことを第一に考えるのであれば、万が一にも対応することができるような備えを用意しておくことが必要です。家計への圧迫が気になるのであれば、シンプルで安価な生命保険への加入を考えてみましょう。

母親にこそ医療保険やがん保険が必要な理由

 女性特有の重い病気にかかったとしても、子どもの養育費を確保し、安心して子育てができるよう備えるには、母親も医療保険やがん保険に入ることが必要です。 乳がんは、30代後半から発症率が急激に上昇する病気です。子宮頸がんなど女性特有の病気も年齢を重ねるにつれて発症する確率が上昇します。 2011年の人口動態統計では、女性の初産年齢の平均は30.1歳です。30代後半というと、平均の初産年齢から考えると子供はまだ5歳から10歳といったところです。幼稚園から小学校、中学・高校・大学進学まで含めると数千万円の養育費や学費が必要となる上、自立するまでには10年以上の期間があります。その間に重い病気にかかってしまい、多額の出費が重なってしまった場合、子どもを育てていくための必要なお金が足りず、子どもの人生を大きく左右することにもなりかねません。何があっても子どもが自立するまでの道をきちんと確保するために、母親にも医療保険やがん保険の加入は必要になってくるのです。 近年の医療保険やがん保険の中には、女性特有の疾患に対応しているものも多く見受けられます。少しでも不安を感じているのであれば、そのような保険への加入を考えてみましょう。

母親だからこそ必要な保険もある

 母親の死亡や大きな病気を患うことは家計に大きな影響を与えるため、子どもが生まれる前から、そうした事態に備え保険で対策を立てておくことが肝要です。 妊娠をした後だと出産後の準備などが大変で、保険を見直す時間的・心理的な余裕を見つけることは難しいかもしれません。そのような時には、第三者に相談、依頼することも効果的です。無料相談は様々な個人にとってぴったりの保険を見つける大きな手助けをしてくれますので積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリーの記事

比較・見直し

生命・死亡

医療・入院

学資・子ども

女性

関連する記事

ページのトップへ戻る