お電話でのお問い合わせはこちら

女性のための保険の選び方

 男性と女性は、かかりやすい病気や平均寿命など、身体や健康の面で大きく異なります。そのため、男性と女性では同じ考えで保険を選ぶべきではありません。 女性が生命保険や医療保険、がん保険に加入するのであれば、女性ならではの考え方で保険を選ぶことが大切になってきます。女性特有の病気や身体の傾向をつかみ、最適な保険を選んでいきましょう。

医療保険やがん保険を選ぶ際に~女性特有の病気は保障されているか?~

 医療保険やがん保険に加入するのであれば、女性がかかりやすい病気が保障内容に加わっている保険を選ぶことが大切です。女性がかかりやすい病気とは、子宮筋腫や子宮がんなどの子宮に関する病気や、乳がんなどが挙げられます。 保険の中には、これらの女性がかかりやすい病気が特約として含まれているものもあります。特約とは、保険の主契約に含まれている内容ではなく、主契約に付加しているオプションのようなものです。そのような特約が含まれている保険を選ぶことによって、いざ女性特有の病気にかかってしまった時に、主契約とは別に保障金額を受け取ることができます。 そのため、男性とは違った視点で医療保険やがん保険を選ぶことが大切です。自分の体調や親族の疾患歴などから、自分がかかりやすい病気について検討することも効果的です。

生命保険を選ぶ際に~加入期間をどのように定めるか~

 生命保険への加入を考えるのであれば、現在の年齢と自分の寿命について検討することが大切です。それによって、どんな保険に加入すればメリットが大きいのか変わってくるためです。 女性の平均寿命は、2012年の調査によると約86歳となっています。一方男性は女性よりも短く、約80歳です。この6歳という差が、保険では大きく影響してきます。 例えば42歳で生命保険に加入する場合を考えてみましょう。女性であると平均寿命から、あと約44年の余生が残っていることになります。一方男性は約38年の余命となります。10年ごとに更新が必要となる定期保険に加入するのであれば、この6歳という差によって女性の方が更新が一度多くなってしまう可能性が高いといえます。定期保険は更新の度に保険料が高くなるため、女性の方が損をしてしまうことになりかねません。 保険料の負担を抑えるのであれば、定期保険か終身保険か、定期保険であれば加入期間や更新時の契約について、しっかりと考えるべきでしょう。よく考えずに夫婦揃って同じ保険に加入すると、損をしてしまうこともあります。

男性と女性とでは、効果的な保険は異なる

 女性特有の病気は保障内容に含まれているか、女性の方が長生きするという前提なら保険金の負担はどのように軽減するか。このように、男性と女性とでは保険を選ぶ際の観点が変わってきます。 検討する時間が惜しい、または自信がないのであれば、保険のプロに頼るという方法を採ってみましょう。無料相談窓口やFPのような保険のプロは、今までの経験や専門的な知識をもとに効率よく、あなたにとってぴったりな保険を探すための大きな手助けとなるでしょう。

同じカテゴリーの記事

比較・見直し

生命・死亡

医療・入院

がん

学資・子ども

女性

関連する記事

ページのトップへ戻る