お電話でのお問い合わせはこちら

安価ながん保険を見つける方法

 がん保険を選ぶ際には、誰もができるだけ安価なものを選びたいと考えるでしょう。 保障内容を妥協せず、なおかつがん保険の保険料を安価に抑えるには、いくつかのルールがあります。自分に必要と思われる保障に絞るため、特約をうまく活用すること。加入期間を最小限に抑えることなどです。

特約をうまく組み合わせる

 がん保険の契約内容には、主たる契約(主契約)とは別にオプションの契約を付けることができます。それを「特約」といいますが、この特約をうまく組み合わせることで、安価ながら充実した内容のがん保険にすることが可能です。 がん保険にはさまざまな種類のプランがありますが、予め決められたプランをそのまま採用するだけでは、自分にとって不要な保障がつくなど高額になる恐れがあります。がんのリスクは皆一様ではなく、遺伝や生活習慣によって大きく左右されます。主契約を安価なものにしながら、自分にとってリスクの高いものだけを特約として別途申し込む方が、自分にぴったりでなおかつ最低限の負担に抑えることができるのです。 一方で、特約には非常に多くの種類があります。お得に見えて、自分にとっては実際に利用する可能性が低いものも中には含まれているでしょう。特約を付けすぎて高額の保険料となっては本末転倒です。あくまで自分に必要な特約だけを見極めましょう。 主契約を獲得するため、保険会社によっては採算度外視で充実した保障の特約を設けているところもあります。こうした特約をうまく見定めて契約に含めることで、安価ながら充実したがん保険にすることができます。

加入期間を明確にする

 加入期間を考えることもコストを抑えるのに役立ちます。がん保険には定期保険と終身保険がありますが、加入期間によってどちらを選ぶべきであるのかが変わってきます。 定期保険は、期間を過ぎても更新することが出来ますが、月々の保険料が更新の度に高くなってしまいます。そのため加入期間が長ければ長いほど、終身保険を選ぶ方がコストを抑えやすいのです。 一方で、定期保険の方が安くなるケースもあります。若い人の方ががんにかかる割合は低いため、20代で10年間など定期のがん保険に加入した場合は、一般的に終身保険よりも保険料の負担は低く抑えられます。生涯にわたって加入するかは分からないが、若いうちから何かしらの安心を手にしたいという方は、定期保険に加入した方が良いでしょう。 定期保険も、設定されている期間が長ければ長いほど保険料が高い傾向が見られます。自分が入るべき加入期間を明確にし、それに合わせて加入期間を選択することが大切です。

悩んでしまったら専門家を頼ろう

 安価ながん保険を見つけるためには、ただ単に月々の保険料のみに目を向けるのではなく、保障内容や加入期間を考えることが重要になってきます。与えられたプランだけで検討するのではなく、自分にぴったりな契約にするためにカスタマイズすることが必要です。 しかし、そうなると検討事項や選択肢が増えてしまうため、悩んでしまう方もいらっしゃるでしょう。そのような場合には、無料相談やFPのような専門家を頼りつつ、アドバイスを受けることが望ましいです。

同じカテゴリーの記事

比較・見直し

がん

関連する記事

ページのトップへ戻る