お電話でのお問い合わせはこちら

安価な医療保険を見つける方法

 加入する医療保険を選ぶ際に、保険料を重視するといった方は少なくありません。できるだけ安価な医療保険を見つけたいのであれば、シンプルな内容の保険に目を付け、加入する期間によって保険を選ぶことが効果的です。 また、自分の健康状態によっては健康体割引や、非喫煙者割引を利用するのも効果的な手段の一つと言えます。

特約やサービスにこだわりすぎない

 医療保険を探す際には主契約に付加したオプションである特約や、配当のようなサービスも気になるところではありますが、安価という部分を重視するのであればそこにこだわりすぎない方が良いでしょう。サービスが付加されるに伴い、価格は上昇してしまいます。 医療保険は、特約が充実していればいるほど保険料が高くなる傾向が見られます。また、有配当型よりも無配当型、貯蓄型よりも掛け捨て型の保険の方が保険料を抑えやすくなっています。そのため、特約やサービスの部分に目を向けすぎてしまうと、安価な保険を見つけにくくなってしまいます。

加入する期間を決めて考える

 医療保険に加入する期間について考えることも非常に重要です。何故ならば、加入期間によって終身保険、定期保険のどちらを選ぶべきなのかが変わってきますし、同じ定期保険であっても何年定期の保険にするべきなのかが変わってくるためです。 定期保険では商品によって、30年、10年、5年のような期間が設定されています。期間の長い保険ほど保険料が高い傾向が見られるため、加入する予定の期間によって選ぶ保険を考えることが大切です。 また、定期保険は更新することは出来ますが、更新の度に保険料が高くなるシステムとなっています。その場合には終身保険を選んだ方が得になりやすいため、長い加入期間を考えているのであれば、終身保険も候補に入れるべきでしょう。

健康体割引や非喫煙者割引の利用

 また、自分の健康状態を把握することも、安価な医療保険を見つけるためには必要です。健康状態が良好であるのならば、それを利用してコストを下げられる可能性があるためです。 医療保険の中には、健康体割引や非喫煙者割引を利用できる商品も多く見られます。健康体である人や非喫煙者である人ならば、割引のある商品を選ぶことによって保険料を抑えることができます。 自分の健康状態をきちんと把握しておけば、そのような割引を利用できるのかどうかをある程度推測することができるでしょう。割引が適用されるかどうかの条件については各保険会社によって異なるため、候補に入れている保険会社の条件について調べるのも効果的でしょう。

無料相談を活用しよう

 このように、安価な医療保険を見つけるためには単に月々の保険料だけではなく、加入する期間や自身の健康状態などいくかの部分に目を向ける必要があります。場合によっては細かい計算が必要になることもあるでしょう。 一人で考えることが難しいと感じたのであれば、無料相談を頼るのも手段の一つです。保険探しの手間を省くことが出来ますし、保険の専門家を頼ることによって、自分が見落としていた有益な情報を得られるかもしれません。

同じカテゴリーの記事

比較・見直し

医療・入院

終身

関連する記事

ページのトップへ戻る