お電話でのお問い合わせはこちら

安価な生命保険を見つける方法

家計の節約をしようとする際、一番効果的な方法として挙げられるのが保険の見直しです。毎月決まった金額が出ていく固定費なので、少しでも節約すれば長期で考えれば非常に大きな節約につながります。 安価な生命保険を見つける1番の近道は「無駄を省く」ことです。

保障の無駄を省く

生命保険の無駄を省くにはどうすればいいのでしょうか。結論から言ってしまうと「保険の内容を理解する」ことができればいいのです。生命保険には様々な種類があり、細かい部分まで把握するのは難しいと考えてしまう方が多くいらっしゃいますが、それを簡単にする方法があります。 生命保険を「死亡」「医療・がん」「貯蓄」の3つに分けて考えるのです。 その中で今の自分に必要なものだけを選べば、無駄の少ない生命保険を見つけることができます。 もし今既に加入している保険があるのなら、保険証券を見て、「死亡」「医療・がん」「貯蓄」どれに該当するのか分けてみてください。ここでのポイントは特約毎に種類を分別することです。一つの保険の中に複数の保障が入っている場合がほとんどです。

保障内容と保障額を考える

分別が終わったら次は今の自分に必要な保障内容と必要な保障額を考えます。 「死亡」はどれくらい必要ですか。自分に万が一のことがあった時に残された人にどれだけのお金を残しておけば十分ですか。 「医療・がん」はどれくらい必要ですか。自分が病気になり、入院したらどれくらいのお金が必要ですか。 「貯蓄」はどれくらい必要ですか。今の家計を考えてどれくらいの貯蓄額が無理なく続けることができますか。 これらのことのイメージが出来たら、再度自分の保険証券を見てください。今はあまり必要ないな、この保障はいらないかなと思う部分はありませんか。もしあればそれが無駄となってしまっている部分です。 無駄となっている保障が分かれば次はそれらを外すことが出来るかどうか検証してみましょう。これはその保険の担当者や、保険のコンサルタント、ファイナンシャルプランナーなどに聞くのが一番てっとり早いかと思います。外せない、もしくは外すと大きく損をしてしまう特約もあるので場合によってはまるごと見直す必要があるかもしれません。 もしまだ何も加入していない方は「死亡」「医療・がん」「貯蓄」の3つもどれが必要で、どれくらい必要かを考えてください。今の自分に必要な保障を先に考えてしまうことで無駄な保障に入ってしまうことがなくなります。

保険期間に注意

安価な生命保険を探す時に特に注意しなくてはいけない点が2つあります。 「必要な保障を省いてしまう」ことと「保険期間を考えない」ことです。 必要な保障を省いてしまうことの問題は分かりますね。安いからといって必要な保障も省いてしまっては、いざ保険が必要な万が一の時に困ってしまいます。 では「保険期間を考えない」ことの何が問題なのでしょうか。 保険期間とはその名の通りどれくらいの間、その保険は保障してくれるのかを表しています。保険に限らずどのような商品でも長く使える物は、すぐに無くなってしまう物と比べて高いですよね。保険も同じです。保障期間を短くすることで保障内容はそのまま維持しながら保険料を安くすることが出来ます。その場合保障期間が切れた後、再度その保険を続けようとした場合はその時の年齢で保険料が再計算されます。 若いうちは問題ありませんが、年齢が上がりこれから本当に保険が必要な時期に保険料が高くなってしまうのです。そうなるとその高い保険料を払うか、保障内容を落として保険料が上がらないようにして対応するしか方法はありません。保険が本当に必要な時期に保障が足りなくなってしまうということになってしまっては「安物買いの銭失い」となってしまいます。

「本当に」安価な生命保険を見つける方法

本当の意味で安価な生命保険を見つける為には、自分に必要な保障内容と保障額、保険期間を考えることが一番の近道です。これら3点のことがしっかりと決まっていれば、後はそれに合致する保険会社を選んでいけばいいだけです。 その保険会社選びは自分でネットから探してもいいのですが、ここは専門家に任せましょう。今は様々な所で保険の無料相談が可能です。こちらの希望をきちんと伝えれば、条件に合った保険会社の商品を選んでくれるでしょう。

同じカテゴリーの記事

比較・見直し

生命・死亡

医療・入院

終身

関連する記事

ページのトップへ戻る