お電話でのお問い合わせはこちら

高額医療費制度って何?

 高額医療費制度とは、高額な治療費や手術費が必要となった時に、自己負担分の一部が払い戻される制度のことです。 どんな病気にかかり、いつ医療費が必要になるのかを完全に予測することは不可能です。十分な貯蓄がない時期に医療費が必要になる場合もあるため、いざという時のために高額医療費制度についての知識をつけていきましょう。

利用できる条件を知ろう

 高額医療費制度は、申請のための条件を満たすことができないと払い戻しを受けることはできません。 高額医療費制度を利用できるか否かは、1ヶ月にかかった医療費の合計で判断されます。1ヶ月にかかった医療費の合計金額が一定額(一般の場合72,300円)を超えるようならば、払い戻しを受け取ることができます。ただし、この一定額は年収や年齢によって上下します。 また、この一定額は複数の病院の医療費や、家族の医療費を合算することが可能です。つまり、1ヶ月にA病院で3万円の医療費、B病院で3万円の医療費、自分の家族の誰かに3万円の医療費がかかったのであれば、合計して9万円となり、払い戻しを受けることができます。 ただし、複数の病院を合算する場合にはそれぞれの病院で21,000円以上、家族の医療費を合算する場合にもそれぞれの家族が21,000円以上の医療費を負担していることが条件となります。 高額医療費制度を利用することを考えているのであれば、この条件を満たしているのかどうか計算してみましょう。

高額医療費制度の注意点と対応策

 高額医療費制度を利用する際には、気を付けなければならない点があります。高額医療費制度は治療費を支払うタイミングで負担を軽減する制度ではなく、申請した後に払い戻しを受け取れるシステムになっているという点です。 そのため、手術や治療、受診時には、自分でその時の医療費を準備しておかなければなりません。高額医療費制度は申請してから払い戻しを受け取ることができるまで、通常3ヶ月から4ヶ月かかります。もし自分の貯金を超える医療費が必要になった場合、これでは困ってしまいますよね。 そのため、一時的に医療費を貸し付けてもらえる「高額医療費貸付制度」という制度が整えられています。この制度では、払い戻し金額にあたる高額療養費支給見込額の8〜9割を、無担保なおかつ無利子で国から借り入れることができます。

条件を知り、最大限活用しよう

 高額医療費制度は、自ら申請をしなければ利用することはできません。そのため、どのような時に払い戻しを受け取れるのか知ることが重要です。 また、申請してから数ヶ月後経過しないと払い戻しを受けることができないという点についても、しっかりと覚えておきましょう。

同じカテゴリーの記事

医療・入院

がん

関連する記事

ページのトップへ戻る